アナン

アナンとはお釈迦様の十大弟子の一人で、多聞第一といわれたお弟子です。

誰よりもお釈迦様のお言葉をよく聞き、修行に励みました。

今は亡き故人はあの手この手で私たちに多くのメッセージ。

気づきのきっかけを与えてくださっています。

そんな故人からのはたらきかけに一緒に耳を傾けてみましょう。

​それが聖徳寺が毎月発行している「アナン」です。

悪態をつかず

悪口をいわず

悪心を起こさず

 2020年の世相を表す漢字は「密」になりました。漢字辞典には「①隙間なくぴったりとくっついている。②一定の場所に多くが集中している③関係が深くて強い④細部に至るまで詳細に行き届いている⑤ひそか」(『新潮日本語漢字辞典』)とあり、昨年来続いているコロナ禍で言われた「三密」という言葉に通じる意は①②にあたります。

 さて、仏教では「密教」の「密」がありますが、これは先の辞典によるところの⑤の意味でしょう。この他にも様々な仏教語で「密」は用いられますが、実は「三密」という仏教語もあります。仏教語の「三密」は「三業(さんごう)」のことであり「身(しん)・口(く)・意(い)の所作」のことをいいます。仏教ではこれらを清浄に保つこと、つまり「動作・言葉・心」を正しく保つことが大切であると説かれています。

 昨年は誰もが想像すらできないような一年となり、大きく社会が変化しました。新たな生活様式が取り入れられ、日常が大きく変わりました。私たちはそのような中でどうしたらよいのかを模索、思案し続けています。

 幸い私たちは社会の変化に対応し、自分自身が変わることができます。新たな生活様式はもう当たり前の日常になりつつあります。また今後どのような変化が訪れるか分かりませんが、私たちにとって大切なことは、変化に振り回されることなく、「身・口・意」を正しく保ち、変化を受け入れ、自分自身もより良い方向へ変化していくことです。

 今年一年がどのような年になるか分かりませんが、今は亡き故人、仏様の教えに耳を傾け、仏教でいう「三密」を清浄に保ち、心健やかに穏やかな一年としたいものです。

本院所在地

131-0032

 

東京都墨田区東向島5-41-5

 

​tel:03-3618-4292

fax:03-3618-4241

支院・墓地所在地

​千葉県鎌ケ谷市東鎌ヶ谷

2-12-38​

​←メールはこちらからお願いいたします。

※全てにお応えするものではございません。

  • Instagram
  • LINE_APP_typeA
  • Facebookの社会的なアイコン